{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007900957272   整理番号:68A0254758

地球の深部および最深部における相の状態と鉱物の状態(地球化学的地球像を目ざす最近の高圧高温研究の成果)

Uber Phasen-und Materiezustnde in den tieferen tiefsten Erdzonen Ergebnisse der aiodernen Hoch-UU druck-Hochtemperatur-Forschung zum geochemischeri Erdbild.
著者 (1件):
資料名:
巻: 57  号:ページ: 972-1001  発行年: 1968年
JST資料番号: C0065A  ISSN: 0016-7835  CODEN: GERUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近の高圧高温実験は,全地球物質の物質と状態関関する確実な情報をもたらした。圧力上昇につれ配位数の大きい構造が生じ,原子価状態がイオン性→同極性→金属性へと変化することが判明し十分な圧力があれば,どの物質も金属状態となる。岩石学者と地球化学者は,地球の主元素とC,N,P,Hの相状態と物性とを実験的に定める努力をしている。地核の外核は圧力よより金属状態となる親銅物質からなる。内核は重金属の炭化物,窒化物,りん化物為なり,重金属の水素化物にもとむと考えられる;写図7表11参62

前のページに戻る