{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007910007094   整理番号:68A0357892

みそ工業の廃水処理および利用に関する研究 III 大豆煮汁中の多糖類について(2)

著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 14-16  発行年: 1968年
JST資料番号: G0595A  ISSN: 0910-2493  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ダイズ煮汁のアルコール沈殿区分の多糖類を2%HClで部分的加水分解を行ない,カーボンカラムクロマトグラフィーでI~VIまでの6区分に分割し,その構成糖および推定重合度を求めた.IはD-ガラクトース,L-アラビノースよりなり,他はD-ガラクトースのみからなるオリゴ糖であり,この結果からダイズ煮汁多糖類の主成分であるアラビノガラクタンは主鎖がD-ガラクトースよりなり,L-アラビノースは末端残基が側鎖として存在するものと思われる.過よう素の消費量から主鎖の結合様式はβ-1→4結合と推察した:参6

前のページに戻る