{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007911359857   整理番号:68A0158117

変性ラクアルフミンから大きなペブチドの単離

The isolation of a large peptide from denatured plakalbumin.
著者 (1件):
資料名:
巻: 154  号:ページ: 263-266  発行年: 1968年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ニワトリの卵アルフミンにスフチロペフチダーゼAを作用させ,8漸尿素中でBio-GelP-30を通すと,2画分に分かれる。分子量の小さい方は約3,700で,Tyr,Trpを除く他のアミノ酸をすべて有する。N一末端はSerであり,卵アルブミンの一末端側由来のペプチドではなく,むしろC一末端に近い方のペプチドと思われる;図1表1参7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る