{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007912348310   整理番号:60A0101541

最小双二次関数の最小実現

Minimal realizations of the biquadratic minimum function.
著者 (1件):
資料名:
巻: CT-6  号:ページ: 345-350  発行年: 1959年
JST資料番号: C0226A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最小正実関致は変成器なしで実現できることを,Bott-Duffin が示した.しかしこの方法は素子の数が最小ではない.さらにこれよりも一個だけ節約する方法は Pantell,Rega,Fialkow.Gerst などが実現させたことを解説.この論文は最小双二次関数について最小の素子数で実現する方法を与え.なおここに云う双二次関数とは分母,分子の次数がともに二次の関数,最小正実関数は虚軸上に零点と極を持たない関数のことである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る