{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007913830280   整理番号:68A0150114

ミルコテスタによる混合乳の脂肪定量

Fat testing of composite milk samples with v.th-e V4Milko-tester.
著者 (1件):
資料名:
巻: 35  号:ページ: 181-189  発行年: 1968年
JST資料番号: C0281A  ISSN: 0022-0299  CODEN: JDRSAN  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
10日間の混合乳についてミルコテスタで脂肪を定量する時の防腐剤の影響などを調べた。HgCをを防腐剤として用いるとK2Cr2O7,ホルマリンを用いるよりも結果はWerner Schmid法の結果と一致するが,それでも少し低い。133試料についてミルコテスタの結果はWerner Schmid法ょり平均0.099±0055%低い。脂肪の加水分解または酸化が原因と考えられる。ゲルペル法はWerner Schmid法とよく一致する。ミルコテスタによる値に0.10%加算すると,試料の90%がWerner Schmid法に比べて±0.10%の範囲に入る;表8参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る