{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007923200896   整理番号:68A0130010

レモン皮のペクチンI水溶性ペクチンの分別および部分的加水分解

Lemon-peel pectin.I.Fractionation and partial hydrolysis of water-soluble pectin.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 442-452  発行年: 1968年
JST資料番号: B0929A  ISSN: 0008-6215  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
乾燥レモン皮の冷水抽出で得たペクチンを酸分解,アセトリシスおよび酵素的分解により部分的解重合して,10種の酸性少糖類を得た。これらの構造をクロマト分析,メチル化結合分析その他の物理的および化学的方法により決定。レモン皮ペクチンは主成分としてのガラクトロン酸および中性糖としてD-ガラクトース,L-ラムノースおよびL-アラビノースをもつが,その他に微量のグルクロン酸とフコースを含有。レモン皮べクチンの構造特性の多くはムラサキウマゴヤシ蔚よび大豆ペクチンのそれに類似;参20
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る