{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007926250339   整理番号:68A0040818

ルミ製ポンプのキャビテーションによる浸食

Cavitation erosion damage control in aluminum water pumps for cars
著者 (1件):
資料名:
巻: 680  号: 498  ページ: 11-12  発行年: 1968年
JST資料番号: D0244B  CODEN: SAUPA   資料種別: 会議録 (C)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高温,高速で運転される自動車用アルミ製ポンプにおいて不凍液を使用すると,キャビテーツ日yにより水の場合よりひどい浸食をう。けることがある。本報告では不凍液の影響を調べるため,・実際の自動車の冷却回路と等価な回路を作り,実際と同じ温度,回転数でポンプを運転する方法,・試験片を冷却剤中で振動させる方法,・高速で冷却剤が流れているべこ/チュリ中に試験片を入れる方法,で実験し,自動車に取付けて運転した場合と比較し,・の方法が最も信頼できる方法であり,・の方法は信頼できず,・の方法は予備実験として十分に利用できると述べている;写図28表1、参4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る