{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007930615996   整理番号:68A0316048

LiFのγ線照射の熱ルミネッセンスにおよぼす高速中性子の効果

The effects of fast neutron exposure on the 7LiF thermoluminescent response to gamma rays.
著者 (4件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 918-919  発行年: 1967年
JST資料番号: B0373A  ISSN: 0017-9078  CODEN: HLTPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
LiFにγ線を照射したものに高速中性子を照射した場合,γ線と高速中性子を同時に照射した場合,LiFでのγ線量の読みにどのような影響を与えるかについて実験を行なった。高速中性子は7Li(p,n)7Be反応により得,加速はVan de graffで行なった。この場合陽子の加速は1.88MeV以下にして,2Hを含まないヘキサフルオルベンゼンシンチレータを使用して7Beの線0.48MeVのものを測定し,60Co照射のγ線量を補正した。その結果,γ線照射後あるいはγ線との混合の高速中性子照射のいずれであっても,約10%程度少ない読みを生じた。これは高速中性子が加熱と同じように,LiFの結晶格子の振動を発生させるものと考えられる。したがって高速中性子の存在下で,LiFによってγ線量を測定する場合は,補正が必要なことが明らかになった;表2参1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る