{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007931026765   整理番号:60A0034866

冷間加工されたK40HXM合金の焼もどしの研究

ИССЛЕДОВАНИЕ ОТПУСКА ХОЛОДНОДЕФОРМИРОВАННОГО СПЛАВА КНХМ
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 400-405  発行年: 1959年
JST資料番号: R0032A  ISSN: 0015-3230  CODEN: FMMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
かたさ,電気抵抗,熱膨張,弾性常数,内部摩擦の測定によってK11,0HXM型ばね合金(Co,Cr,Ni.Peその他を含む)の研究によ久 この合金(加工後)の時効過程は二つの独立の段階から成っていることを示した。この内の一つはう00~550°Cでの優先的でK状態の形成を伴い,第二は550~700°Cで優先的で第二相の出現を伴う;図8表1参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る