{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007938082458   整理番号:68A0321061

反応ならびにの構造

TSidtHeiTA reaction and the structure of and iAl.
著者 (2件):
資料名:
巻: 167  ページ: 1027-103  発行年: 1968年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
34.-4.MeVの重陽子による28Siの(d,3He)反応をSSDカウンタ・テレスコープμ二より測定した。27A1への7個の転移について微分断面積を15#c精度で求めた。結果を局所,ゼロレインジのDWB Aで計算し値,分光学的因子を求めたり=0,2,4ならびに1の転位が見出された。この結果は,28S iの2励起状態にd%の孔を結合させる弱結合の模型とも,また分光学的因子の大きさについてニルソンの強結合の模型とも一致しがたい。結論として27A1,”Siの完全な記述のためには160コアの外側のすべての核子を2s-1dの三本の殻準位のなかで考えなければならない;写図5表2参49(相沢輝男)

前のページに戻る