{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007944898192   整理番号:68A0200147

完全には平衡しない交流ブリッジの感度

K problSmu citlivosti jednfeho typu neuplne vyrovnaneho striedaveho mostika.
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号: 10  ページ: 717-729  発行年: 1967年
JST資料番号: H0033B  ISSN: 0030-9877  CODEN: PAJSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
不完全平衡形交流ブリッジについて,同著者によってすでに発表された定義による複素感度とその成分をもとめる。このブリッジでは,対角点間の電圧を最小におさえて平衡とするものである。感度は,被測定インピーダンスの関数として表現される。これにより相互比較,ならびに,考慮している準平衡状態において,どのような指示方法がもっとも便利であるかを決定することができる。他の不完全平衡形ブリッジと比較して,指示方法はほとんど優劣に差がないことを示す;写図9参16
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る