{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007948520640   整理番号:68A0257778

すず精鉱を抽出処理する場合のいくつかの条件の研究

Исследование некоторых условий выщелачивания оловянных концентратов.
著者 (2件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 40-41  発行年: 1968年
JST資料番号: R0023A  ISSN: 0372-2929  CODEN: TVMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
すず精鉱を抽出する場合のかくはん速度,温度,精鉱粒度,酸と塩化鉄の含有量がすず精鉱からの鉄の抽出除去程度におよぼす影響を研究して200g/l以上の濃度でHClを含有する酸中では処理温度が40°Cの時鉄の溶出度はきわめて大きく,60°CではHCl濃度が100g/lであっても精鉱からの鉄の抽出除去率はきわめて大きく処理時間を長くするとHCl濃度が60g/lの溶液中でも精鉱の純化度は著しく大きくなることを明らかにするとともに抽出処理温度と酸度としてはそれぞれ65-75°Cと180-100g/l HCIが適当であることを示した;写図2表2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る