{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007952687133   整理番号:68A0161401

モルモットおよびラットの心臓,ひ臓およびじん臓に慶けるノルアドレナリンおよびアドレナリンの含量に及ぼす妊娠の効果,ならびにアドレナリン作働性神経せん維の組織化学的けい光反応に及ぼす妊娠の効果

The effects of pregnancy on the content of noradre-naline and adrenaline in the heart,spleen and kidney of guinea pigs and rats and on the histo-chemical fluorescence reaction of adrenergic nerve fibres.
著者 (4件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 12-13  発行年: 1967年
JST資料番号: A0551A  ISSN: 0001-6683  CODEN: APTSAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: デンマーク (DNK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ノルアドレナリン含量は妊娠モルモットの心臓,ひ臓,ラットの心臓で減少した。この減少は肥大によるものではない;参4
タイトルに関連する用語 (13件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る