{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007970263804   整理番号:68A0121362

N-ベンゼンスルホニルグリシンの金属錯体 V 置換の 効果

A study of the complex compounds of N-benzene sulphonyl glycine with some metal ions. V. Effect of substitution.
著者 (1件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 559-566  発行年: 1967年
JST資料番号: C0296A  ISSN: 0019-4522  CODEN: JICSAH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
o,m,p-ニトロベンゼンスルホニルグリシンの希エタノール(1:1)溶液における酸解離定数を測定。測定値は4.40,4.36および4.35これらは二価金属イオンと二座配位の錯体を形成。希エタノール これらは二価金属イオンと二座配位の錯体を形成。希エタノール(1:1)溶液におけるCu,Zn,Cdとの錯体を製出し,安定度定数を測定。Rossottiなどによる射影法で図形的に決定し,酸性など安定性について論述;図9表2参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る