{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007982930520   整理番号:68A0066968

冷蔵庫設計上の問題点とその考察 III

著者 (1件):
資料名:
号: 223  ページ: 1116  発行年: 1968年
JST資料番号: G0240A  ISSN: 0034-3722  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
冷蔵庫設計途上の段階で,平家建か多階建かが決定すると,次段階として,内法高さ決定要素を決めることにある。特に,荷役条件が全体の80%程度の比重を占めることにあるように考えてよいと思われる。平家建の場合の内法高さ,および多階建の場合の内法高さ両者について各各考察を加えた。前者の場合,(1)荷役は機械荷役の基本,(2)フォークリフトと積付け高さ,(3)内法高さと倉庫利用率の各項目を検討した結果,6~6.5m程度を推奨したいと結論し,後者の場合(1)機械荷役を基本とした内法高さ,(2)人力荷役併用などから大体3~5m程度を適当としているが各種の寸法が採択されている;写図7表1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る