{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007982997404   整理番号:68A0048654

建具材の半自動塗装ライン

ПОЛУАВТОМАТИЧЕСКИЕ ЛИНИИ ОКРАСКИ СТОЛЯРНЫХ ИЗДЕЛИЙ
著者 (3件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 19-20  発行年: 1968年
JST資料番号: R0024A  ISSN: 0011-9008  CODEN: DVPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
建具用部材生産工場で高周波静電塗装を応用し,比較的好成績を上げている。しかしこの塗装工程を機械化できる他の方法も考えられるので,木材研究所は塗装研究所や木工機械研究などと共同してジェット噴射塗装と乾燥炉を組込んだ流れコンベヤ方式を開発した。このジェット噴射塗装方式は自動化でき,また建具部材の表面如何にかかわらず,良く塗装できるので生産量を増し,また塗料ロスも従来の空気圧縮吹付け塗装に比べて少くて済む。はじめдл-38A方式で塗装特性時間や乾燥時間などを調べ,後1967年にдл-38M方式の改良型が開発された。ラインの機構を説明;写図3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る