{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007984892553   整理番号:60A0043446

造船用導管製造の標準化の技術的可能性と経済的影響

Die technischen KBglichkeiten der Reduzierung der Standards ifnl schiffbaulichen Rohrleitungsbau und ihre Bkonomischen Auswirkungen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 443-447  発行年: 1960年
JST資料番号: E0066A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
造船用導管製造の標準化における技術的諸問題を検討した.すでに造船用導管に対してほ240ほどの標準が定められているが,これに新しく約70ばかりの技術的な標準を定める.ここでは標準TGL5261に従って導管の溶接軽フランジ,TGL4514による内径10~500mmの溶接フランジ,TGL5260によるつば付銅製フランジ,TGL23-7118による内径32~350mmの銅製自由フランジ,さらにZSN7280による内径80~175,200~500mmの30°,45°,60°90°の各曲管について,それぞれその断面形状,重量を含む諸寸法を示し,おのおのにつき簡単に説明検討を行なった;表5
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る