{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007998071145   整理番号:60A0020759

保護壁決定のための医療用X線室の壁における放射線被ぱく線量の測定

Measurement of Radiation Exposure at the Walls of Medical X-ray Booms for Determining Protective Barrier Require ments.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 77-82  発行年: 1960年
JST資料番号: A0482A  CODEN: ATPXA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
通常,X線鍵の保護壁の計算においては,被ばく線量に影響を与える諸因子に対し最大値を見込むため,必要以上の保護壁を作ることが多い.そこで,これらの設計資料を得るため,約70個の200mrポケット型電離箱を,X線室におき,通常の使用状態で1~2か月間測定を行なった.また,これらの電離箱に,いろいろの厚さの鉛,アルミニウムのしゃへい筒をかぶせ,吸収の資料を得た.以上の結果よ実際に必要とされる壁の厚さは比較的,薄くてよいことが判明した;写3図2表4参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る