{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008015053494   整理番号:68A0325550

過塩素酸水溶液から抽出したエルビウム-TTA-TOPO錯体の吸収スペクトル

著者 (2件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 1275  発行年: 1968年
JST資料番号: G0450A  ISSN: 0009-2673  CODEN: BCSJA8  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
種々の量のClO4-とEr3+を含む水溶液から2-テノイルトリフルオルアセトン(TTA)とトリ-n-オクチルホスフィンオキシド(TOPO)溶媒で抽出して作った題記錯体の吸収スペクトルを測定.有機溶媒の誘電率の増加とともに518mμにあらわれた吸収は強くなった.またこの吸収は[ClO4-]の増加に従って直線的に増加し,[ClO4-/Er3+]の比が1:1以上で一定になった.1,2ジクロルエタンで抽出したときのスペクトルの強度変化からこの措体は[Er(TTA)25TOPO]+ClO4-に相当するものと考えられる.またシクロヘキサンで抽出したときはEr(TTA)32TOPOと一致した:参1
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る