{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008018481446   整理番号:60A0008074

改良型膜状クライオトロンとそのデジタル計算機への応用

An improved film cryotron and its application to digital computers.
著者 (3件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 1395-1404  発行年: 1960年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
初期の巻線型クライオトロンのゲート巻線は低抵抗なのでスイツチング速度が遅かった。ゲート巻線として超伝導体薄膜を使用したものにより1μS以下のスイツチング速度を得た。消費電力は5μW以下,要素の動作面積は5×10-4cmである。この素子を用いた蓄積回路やシフトレジスタの説明をする。100万個以上の素子をもった計算機または記憶装置が1ft3の大きさに収まり,出力1Wのヘリウム液化器により運転できる計算である
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る