{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008035756041   整理番号:68A0354374

よこ糸張力I 静止シャットルからのよこ糸引出し張力

著者 (5件):
資料名:
号: 16  ページ: 23-29  発行年: 1968年
JST資料番号: G0222A  ISSN: 0563-850X  CODEN: TTSKB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
よこ糸引出し張力は糸の性状,木管の形状,木管の糸層位置,ねこ毛の質とはり方アイレットの通方張力調整装置,引出し速度などにより異なる.糸層位置が木管根元部へ近ずくにつれて張力変動が著るしくなる,木管を長くすると糸の巻量はふえるが,糸層位置の相違による張力差が大きくなりよこ引けの原因となる.直線木管より波形木管の方が摩擦抵抗が少ない.半無しん木管は,直線木管に比し張力変動が少ないが,糸に押圧が強く加わるためにフィラメント糸では糸が偏平になり,チカの原因となる.ねこ毛の質,はり方が大きく影響するから多丁ひ織材では注意が必要.
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る