{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008037044081   整理番号:68A0055208

キャビ弊ーション気泡の累積的消滅につて

On cumulative collapse of cavitation cavities.
著者 (1件):
資料名:
号: 68-FE-2  ページ: 1-9  発行年: 1968年
JST資料番号: A0478B  CODEN: ASMSA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非対称気泡の消滅を高速度カメラで観察した。消滅過程はますでに行なわれているTaylorらの解析に基づいた。気泡が消滅する時,気泡が小さくなると同時に気泡を細くちぎるわけであるが,その表面の一部から流体の浸入速慶が気泡全体としての消滅速度より大きくこの速度に累積係数をかけたものに等しい。この実験から水の蒸気泡消滅に関しては累積係数約4という例が観察された。したがって気泡が分離するたびに浸入する流体の速慶が高くなり,それが周囲の固体壁に衝突して害を与える圧力波を発生すると紹介;写図19参18
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る