{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008045197245   整理番号:68A0208739

端子にコンデンサがある誘導機の過渡特性

Transients in induction machines with terminal capacitors.
著者 (1件):
資料名:
巻: 115  号:ページ: 519-527  発行年: 1968年
JST資料番号: D0380C  ISSN: 0020-3270  CODEN: PIEEAH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
力率調整用コンデンサや線路容量などのキャパシタンスが誘導機の過渡動作に与える影響を調べるために.磁気回路の飽和という非線形性を考慮に入れた微分方程式を導入して,7.5HPのかご形誘導機について電源から切り離して再び電源に接続したときの電圧・電流・トルクの変化をいろいろなキャパシタンスに対して測定した実験値と電子計算機による計算結果とを比べ,わりあいにー致することを示した。キャパシタンスがあると電源を再投入したときの影響が大きくなる;写図15参16
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る