{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008049012312   整理番号:60A0105858

トランシット航行方式(人工衛星を利用するドブラ航法)

The transit navigation system.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 18-20,46-47  発行年: 1960年
JST資料番号: H0198A  ISSN: 0037-4938  CODEN: SGNAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
人工衛星が発する電波のドブラ推移を地上局で求めることによりその衛星の軌道を求めることができる.逆に軌道が既知の場合はその衛星P>ら発する寛波のドブラ推移を求めて自局の位置を知ることができ航行に利用できる.この方法は半mlle以内の良好な精度である.この実喰に使用する人工衛星は2個の超女定な8Mc水晶発振勧から54,108,162,216Mcの送信電波を作り,空中線は衛星表面に等角度ら線スロットの電流分布を作り無指同性としている.外部の大きい温度変化の影響を小とするため,銀と黒の塗料を使用じて熱吸収と放射比を1としている.電源についても述べた
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る