{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008053426032   整理番号:68A0073077

爆薬を用いる金属の成形法(つづき)

Formacion de metales con explosivos.
著者 (1件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 365-374  発行年: 1967年
JST資料番号: B0008A  ISSN: 0003-2506  CODEN: AMEMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: スペイン (ESP) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
形状が対称形でないばあいの爆発成形波に用いられる型。爆薬の装置方法,気密措置などについて図解したのち,つばのついた球形載片状の加工物の成形法,多孔円筒状の加工物の成形法,大型の成形法で直径が2mに及ぶものをあげて図によって説明。さらに,成形用の材料として,他の加工法によっては成形し難い特殊材料のばあいについて,また成形寸法の公差,爆発成形のための使用設備について述べ,製品として,タンクのばあいの主要寸法この方法の実施についての注意,加工費などの点について述べている;写6図2表2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る