{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008059684297   整理番号:68A0135943

金属酸化物の存在下の脂肪族アミノ酸の光分解

Photolysis of aliphatic amino acids in the presence of metal oxides.
著者 (2件):
資料名:
ページ: 191-197  発行年: 1967年
JST資料番号: K19670091  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
地球の初期に診いては,偶発的に合成された生化学的重要物質の高級化学物質への展開に光触媒は重要な役割りを果す。本報は各種の金属酸化物が液体吾よび凍結アミノ酸の光分解に及ぼす影響に関するもので,CuO,TiO2,SiO2,V2O5,Cr2O3,Fe2O3は光分解を触媒し,NH3,CHO-COOH,CH3-CHO,H2COZnOの形成は光化学反応を抑制する。またアミノ酸の光化学反応は-78°Cの極低温でもこれら金属酸化物で触媒される;写図4参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る