{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008061921484   整理番号:68A0212580

変圧器鉄心の動作と鉄心特性の関係に関する共同研究試験行程と装置

A collaborative investigation into the relationships between transformer core performance and core steel properties Test procedures and equipment.
著者 (2件):
資料名:
号: 33  ページ: 86-90  発行年: 1967年
JST資料番号: B0665A  ISSN: 0537-9989  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 不明  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
計測専門の研究所が作られ,試料のサンプリング,計算機のための翻訳に適するような,結果の記録,報告などの機能と選定された試料の基本的諸特性の試験,すなわち,50c/s,15kG,16.5kGにおける鉄損,実効値VA,10Oeにおける最大磁束密度などの磁気特性(25cmエプスタイン試験器による),15kGにおける磁気ひずみ定数の測定,層間絶縁抵抗の測定(棒電極による),板厚の測定,鉄心表面の平面度の測定などが行なわれた。これらの測定器具などについても,説明した;写図2参1

前のページに戻る