{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008100964250   整理番号:68A0316437

磁場の微小成分の計算

Calculation of the minor components of a magnetic field
著者 (2件):
資料名:
巻: 691  号:ページ: 69-72  発行年: 1968年
JST資料番号: D0208A  ISSN: 0029-554X  CODEN: NUIMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高エネルギー物理学実験の荷電粒子の運動量解析に使用される大口径磁石はますます大きく々る傾向にあり,磁場の均一性と周縁磁場の増加は大きな問題である。粒子軌道から粒子運動量を再現するには,主磁場成分Byはむろんのこと微小成分B。,B。の知識も必要となる。磁石の簡単々模型から示される関数を用いて,主成分の測定値を適合させ,微小成分の値を予想することが可能である。この方法は正確であり,計算技術的にも容易である。現在粒子物理学において使用されている大きな周縁磁場を有する大口径磁石の計算に,この方法は有効であると思われる;写図3参4(阿部健)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る