{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602008105330519   整理番号:58A0044869

急速凍結法発達の予想

Перспективы развития производства быстрозамороженных пищевых продуктов.
資料名:
巻: 35  号:ページ: 1-4  発行年: 1958年
JST資料番号: R0052A  ISSN: 0023-124X  CODEN: KHTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソ連における凍結食品は毎年増加しておりたとえば獣・鳥肉は年80万tに達する。1965年には全体で現在の約二倍の量になる見込みでこのため急遠凍結食品の必要性が強調され,同年までに空気ブラスト式を始め各種の急速凍納装置を含めて年産1,0OO基を目標にしている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る