{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年09月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年09月
文献
J-GLOBAL ID:201602008114423830   整理番号:58A0058617

メルボルンの自動気象通報サービス

The Melbourne Automatic Weather Information Service.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 99-104  発行年: 1958年
JST資料番号: E0219A  ISSN: 0040-2486  CODEN: TCJAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1957年10月からメルボルンでは電話による自動気象通知サービスを始めた。気象庁からテレタィブで予報をうけとり局で録音する。発声装置は摩耗を重視してベルシステムと同じ磁気ゴムドラムを用いる方式のものを米国から輸入して用いる。ここではトラフィック,装置の構造,性能,動作の概要をのぺた。他のサービスも同様の方式で自動化する構想にも言及
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る