{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008120628141   整理番号:68A0045424

木材とパーティクルボードの接藩に対する高澗波焼の応用

Die Verwendung von Hochfrequenzstromen zum Ver-leimen von Rolzern und opanplatten.
著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 155-158  発行年: 1968年
JST資料番号: B0461A  ISSN: 0013-5488  CODEN: EKZVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
接着における高周波電流の利用は接着層のみが加熱される,加熱時間が短い。エネルギーの有効利用,プレスが高温にならない,加勲装置が簡単であるなど利点がある。電源は200Vから4~5,000Vに昇圧,整流され発振される。容量は4.6.10.12kWが使われる。木材とバーティクルボードの高周波接着機5種について簡単に醜明;写図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る