{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008159670706   整理番号:68A0163965

建築用コンクリートー幾つかの打放しコンクリートの構造的連繋

Some structural implications of exposed concrete.
著者 (1件):
資料名:
巻: 65  号:ページ: 520-525  発行年: 1968年
JST資料番号: C0255A  ISSN: 0002-8061  CODEN: JACIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
構造的に用いられたコンクリートが打放しの場合,次の要素を考えるべきである。構造の様相,材料の性質,および工法である。また温度による影響,例えば収縮,クリープ,コンクリートの体積変化なども研究する必要がある。その他,継手の施工,配筋の要素,養生などの問題について,実例をあげて述べる;写7表3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る