{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008163071191   整理番号:68A0210815

配線済みの電線を同軸線にする処理

Process for making coaxial cable in place.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 1517-1518  発行年: 1968年
JST資料番号: E0292B  ISSN: 0018-8689  CODEN: IBMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子機器にタッピング法で布線した電線の表面に導体をめっきして同軸線とする方法を紹介する。電線の被覆材には,テフロン樹脂が適当で,布線に先立って塩化すずと,塩化パラジウムで表面処理をしておく。布線後に,被覆の表面に銅を無電界めっきし,さらに低融点はんだ材を電気めっきする。表面のはんだ材は加熱されると接地板に融着して,良好な伝導特性を示す;写図1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る