{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008178913873   整理番号:68A0090196

航空電子装置のための,周波数発生の新技術

New technique of frequency generation for avionic equipment.
著者 (1件):
資料名:
号: 680217  ページ: 1-4  発行年: 1968年
JST資料番号: D0244B  CODEN: SAUPA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
数百のチャンネルを持った,一般航空電子装置のため,新しい種類の周波数合成器が必要となってきた。現在,大部分の航空電子機器は,必要な受信または送信周波数を得るため,多数の水晶発振子や大きな電気機構部品を用いている。ディジタル技術と電圧制御発振器により,周波数合成器は,単一の水晶発振子を基準として用いて水昌的安定性を持った,無限の周波数を得をことができる。集積回路の使用により,ディジタル合成器に必要な複雑な回路を,小形化し,航空電子機器として実用的な,大きさにすることができる;写図8
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る