{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008181109538   整理番号:68A0327704

ポリヘキサメチレングアニジンの合成と特性

著者 (3件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 1461-1463  発行年: 1968年
JST資料番号: G0450A  ISSN: 0009-2673  CODEN: BCSJA8  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヘキサメチレンジシアナミド(I)およびヘキサメチレンジアミン・2HCl(II)のMeOHまたはMeOH-H2O混合溶液を還流反応させ,目的の重合体を合成.Iの1モルに対し,IIが0.8モル以下の場合は水不溶性重合体を得た.重合体の濃塩酸分解液が明白に正の坂口反応を示すこと,およびIRより分子中にグアニジン結合の存在を証明.重合体は強力な陰イオン交換能を持つことが判明:参4

前のページに戻る