{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008194260839   整理番号:68A0281257

回転流ダストコレクターに関する研究,粒度分析測定装置としての応用の可能性

Untersuchungen am DrehstrSmungsentstauber,seine Einsatzmtiglichkeit als MessgerSt fUr KorngrSssen-analysen.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 9-13  発行年: 1968年
JST資料番号: E0171A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
実験室規模の回転流ダストコレクターを微粒の粒度分析に応用しAndreasen法とBahcoを用いてまずトロンプ曲線を決定した。その結果比較的平担な曲線となった。さらに分離粒度と集じん効率の関係を求めた;図6表1参6

前のページに戻る