{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008203739557   整理番号:68A0245952

高張力チタン合金の発達

progress in the development of high strength titanium alloys
著者 (3件):
資料名:
号: 670335  ページ: 1-9  発行年: 1967年
JST資料番号: D0244B  CODEN: SAUPA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
圧縮機羽根,ガスタービン用材料として強さ/密度比の高い材料が要求されている。降伏点170,190ksiの合金は伸び,シャルピー衝撃値が各8,5%,8,5ft-lbある。(1)Ti-6A1-6V-2Sn(2)Ti-7Al-4Moは降伏点,引張強さ,伸び,断面収縮率は同程度であるが切欠疲れ,じん性の点で(1)がよい。(1)+0.1%Cは伸び,断面収縮率は大きいが,衝撃強さが(1)より低い。一般にじん性,疲れ性とその他の機械的性質との関係は認識不足であるが,高張力材料についてはじん性-疲れ性の相関性は十分信頼できる。(1),(1)+0.1%Cについては等伸び,等引張強さを与える溶体化温度-時効温度曲線から適当な熱処理温度を選択することができる;写7 図17 表6 参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る