{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008207978440   整理番号:68A0154606

心房伝導に対するイソプレナリンとヘプタミノールの影響

Effets de 1’isoprenaline et de 1’heptam inol sur la conduction auriculo-ventriculaire.
著者 (5件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 823-828  発行年: 1967年
JST資料番号: D0304B  ISSN: 0040-5957  CODEN: THERA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クロラローズ,アトロピンを投与し,星形神経節を摘出したイヌに,数種の薬理活性物質を静注投与し,心房伝導に対する影響を検討した。作用は心房収縮の頻度と強さを測定し,,変時性,,変力性,,変伝導性の三機能について同時に調べた。薬物はイソプレナリン,アドレナリン,ヘプタミノールとプロパノロールを投与して比較した。前三者の作用は類似していた。β-アドレナリン性受容器のプロパノール阻害は2.5mg/kgの用量で,心房の収縮頻度と強さ,透過性に対する上記三種の交感神経興奮性薬物の作用を等しく減少した;表6参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る