{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602008210158330   整理番号:58A0051489

処理済フィルム中の残存ハイポ量のクラブトリーロス試験法の検討

An Evaluation of the Crabtree - Ross Procedure for Residual Hypo in Processed Film.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 148 -153  発行年: 1958年
JST資料番号: D0429A  ISSN: 0031-8760  CODEN: PSENAC  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フラッシュのフィルムと放置退行フィルムのハイポ価に関しベンジジン法とよう素酸化滴定法と比較。処理直後の場合は充分な精度を示すが,放置後処理の際はポリチ万ン酸塩イオンが存するので退行性の表示には不適

前のページに戻る