{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008214296550   整理番号:60A0020475

放射性ウラン製造おける連続分析装置

Continuous analyzers for processing irradiated uranium.
著者 (1件):
資料名:
巻: 52  号:ページ: 481-483  発行年: 1960年
JST資料番号: C0155A  CODEN: IECHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
連続的な分析結果は核燃料製造工場で製品中のウランやプルトニウムの濃度冠よび廃棄物中への生品の量の算出に必要である。Han-forでて用いられている連続分析装置は光度計,ガンマ線吸収計などからなっていて。その設計や装置について説明,議論し.さらに実際の経験をつけ加えている]
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る