{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008226307280   整理番号:68A0060163

小型機関製遭の進歩

Entwicklungstendenzen im Kleinmotorenbau.
著者 (1件):
資料名:
巻: 86  号: 18  ページ: 295-302  発行年: 1968年
JST資料番号: E0073A  ISSN: 0036-7524  CODEN: SWBAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Fichtel&Sachs社の機関製造プログラムが,2サイクルガソりソ機関軽構造ラインで開発され,一定の市場が十分得られ,内燃機関に新しい応用分野が開けた。鋳造一軽金属合金の目的にかなった応用と正規速度の増大によって,小型のサイズで高い性能をもつ非常に軽い構造の型が実現。特に農業の要求になう。この製造プログラムは,排気量33から400cm3で1.0から18psの単シリンダ2サイクル.400ら600cmで.6から12psの空冷水冷単シリンダ2サイクルディーゼル,100ら300cm3で6.7から18psの空冷1Pータ回転機関である;写図12

前のページに戻る