{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008238438649   整理番号:68A0113127

65MeVのへリウムイオンによる207Pbの核分裂

The 65 MeV helium ion-induced fission of 47P.
著者 (2件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 1151-1154  発行年: 1968年
JST資料番号: C0301A  ISSN: 0022-1902  CODEN: JINCAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
65MeVのへリウムイオンビームにより207Pbの質量分布曲線を得,全核分裂有効断面積を決定した。実験にはカリフォルニア,バークレーのローレンス放射線研究所の88inサイクルトロンを用いた。65MeVのへリウムイオンによる207Pbの核分裂は既出の報告の結果とよく一致し,他の方法で行なわれた結果とも非常に一致する。この分裂の質量分布曲線は最大半値幅(W1/2)が20±1a.m.u.なるガウス分布曲線となった。ガウス分布から決定される有効断面積は4.45±5mbarnとなる;写図3表1参9
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る