{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008243525320   整理番号:68A0263818

バーゼルにおける

Bericht von der IFM Basel
資料名:
巻: 18  号:ページ: 5144515-518  発行年: 1968年
JST資料番号: B0545A  ISSN: 0373-6482  CODEN: FOHBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
動的耐震設計法を用いる場合の設計地震力の推定法として,応答計算から求められる最大応答値と設計地震力0関係を,構造物0耐用年数を考慮して決定する一試案を示している。まず地震工学0立場から見た必要な地震資料として,各地域で過去に:経験した震度分布の統計的分析から各地域0震度の年間期待値,およびある期間中O最大震度の期待値を求め,さらに震度と地表加速度の関係を示した。地震最大応答値と設計地震力の関係は発生する地震によって構造物に生ずる応力による累積疲労被害をランダム疲労の問題として取扱い累積疲労寿命から設計地震力を推定した;写図9参14

前のページに戻る