{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008252853535   整理番号:68A0180003

ピロりん酸塩電解溶液からの銀-銅合金の電析

Электроосаждение сплава серебро-медь из пирофосфатного электролита.
著者 (4件):
資料名:
巻: 40  号: 11  ページ: 2497-2501  発行年: 1967年
JST資料番号: R0140A  ISSN: 0044-4618  CODEN: ZPKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この溶液から組成が0-100%の範囲の合金が得られる。電解合金のX線構造解析の結果は,銀または銅に富む領域での擬固溶体の生成(これは状態図が機械的混合物と異なる)を示している。過飽和固溶体は極めて不安定で,冷間ですでに分解し機械的混合物を形成する。この溶液から得た被覆は,純銀に比較しミクロ硬さ,耐摩耗性が大きい。過飽和固溶体の存在は,ミクロ硬さおよび電気抵抗各曲線によって確認される。銀-銅合金のコンパクトな沈殿を得るのに,電解溶液組成Ag+Cu20,K4P2O7 100g/l;Dc=0.5A/dm2;かくはん;20-25°C;不溶陽極;電流効率95%をすすめる;写図8参5
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る