{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008252938840   整理番号:60A0018968

自動加工材料の切削性

Die Zerspanbarkeit von Automaten-Werkstoffen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 64  号:ページ: 208-216  発行年: 1960年
JST資料番号: B0527A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
切削性の名で要求される材料の諸性質およびその系統的な試験法と試験結果について述べる。切削性の概念は,1)工具の耐久時間(温度上昇,損耗などの状態),2)切削こ要するエネルギー(切削力と切削温度),3)切屑生成の状態(切屑のでき方と形状)4)切趨面の状態(粗さと微細形状)の4つの観点から定ぬられているが,それぞれの観点についての材料の試験法および評価法を解説し,数種の試料,とくに連続自動加工用の軟鋼材料ついて調べられた結果を示すと共こ,これらの結果を総合して切削性の優劣を評価する;写3図13表2参26
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る