{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008277749040   整理番号:68A0059819

固体推進剤からの浸食性排気ガスに用いる強化プラスチック製わん曲ダクトの開発および評価

The development and evaluation of curved reinforced plastic ducting for erosive solid propellant exhaust gases.
著者 (1件):
資料名:
号: 23  ページ: Section10-A,1-6  発行年: 1968年
JST資料番号: B0783A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ロケットの高温排気ガスを推力ベクトル制御または補助動力などに利用するたぬ,高温アブレーション性のわん曲ダクトを開発した。評価材料:黒鉛,炭素およびシリカ布強化フェノール樹脂。これらはノズル材料としてすぐれているのでわん曲したフランジ付きダクトの製作法について検討し,含浸テープの均等厚巻き方,しわの防止加熱硬化の条件選択,フランジ部の加工法を決定した。マンドレルは6061Al合金管を使用,成形後NaOH溶液で溶解除去する。ダクトに圧力,流量調節用ノズルを接着。実験結果はま炭素布強化が良好;写図13

前のページに戻る