{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008289768600   整理番号:68A0326777

カルバニオン

著者 (2件):
資料名:
巻: 22  号: 12  ページ: 1097-1106  発行年: 1967年
JST資料番号: F0095A  ISSN: 0451-1964  CODEN: KAKYAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
有機化学における反応中間体の中で特に重要なものは,カルボニウムイオン,ラジカル,カルベンおよびカルバニオンである.適当な塩基により炭素一水素結合が切れ,塩基にプロトンを与え為ものを炭素酸と呼び,できた共役塩基R-がカルバニオンであって,前記反応中間体の中では研究が最近になって進歩した分野である.カルバニオンの構造の安定化に寄与する因子(s性増加,共役効果,芳香族化,ホモ共役,超共役,誘起効果,d軌道のおのおのによる安定化)と,炭素原子上の求電子置換反応の立体化学(立体保持,ラセミ化,反転,イソラセミ化)に関する研究を紹介:参34
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る