{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008332147801   整理番号:60A0103259

2進法計算機において1の数を数える手法

A technique for counting ones in a binary computer.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 332  発行年: 1960年
JST資料番号: B0330B  ISSN: 0001-0782  CODEN: CACMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
MIT704型の命令コードの計算機で1の数を致える標準的な手法では,一つのビットに対して一つのループを実行するようなプログラムを用いる.しかし別のもっと速い方法があり,これによると語のビ望ト数によらず,語内の1の数に依存するようなプログラムが作れる.これは引算とAND操作を組み合わせ把ものである.前者の実例では3~4語のループとなり,後者では5語のループとなるがループの実行回数が少ない.またインデックスレジスタを前者で二つ使うのに対し後者では一つで済む
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る