{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008347478472   整理番号:60A0075467

中枢神経系を抑制する物質の作用に対するブラチフィリンの影響

Влияние платифиллина на действие некоторых веществ,угнетающих центральную нервную систему.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 106-109  発行年: 1960年
JST資料番号: R0167A  ISSN: 0014-8318  CODEN: FATOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウサギとマウスで実験.ブラチフィリン田と硫酸マグネシウム(II)を組み合わせ投与すると,睡眠時間は長くなるが,麻酔効果は後者の投与量に依存する.IIの投与が少ないと睡眠に入る時間を速め,その深さを増すが,大量投与すると睡眠時間と麻酔作用の深さにほとんど影響しない,ルミナール,ネンプタール,クロロホルムとIを同時投与したときの効果は,IIのときより弱い
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る