{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008361258710   整理番号:68A0330358

小児科領域における2,3の疾患の際の体脂質脂酸構成

著者 (5件):
資料名:
巻: 45  号:ページ: 73-77  発行年: 1968年
JST資料番号: F0770A  ISSN: 0368-5179  CODEN: KEIGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
甲状せん機能こう進症,肥満症,就床患児(脳性まひ),閉そく性黄疸,新生児皮膚硬化症の血清,皮下脂肪組織の脂酸をガスクロマトグラフィーによって分析した.甲状せん機能こう進症においては,皮下脂肪組織,血清トリグリセリド+遊離脂酸およびコレステロールエステル共に飽和酸/不飽和酸は低下傾向を示したが,リノール酸/パルミチン酸,リノール酸/オレイン酸は分画により変動は一定しない.肥満症では小児と成人では明らかに脂質代謝に差があった.就床例では3分画ともにリノール酸の著明な低下を認め,低リノール酸食の影響が明らかである.先天性胆道閉鎖症では皮下脂肪組織のリノール酸は著明に減少しており脂肪吸収の低下による因子が大きいものと考えられる.新生児皮膚硬化症では飽和酸/不飽和酸の上昇が一つの特徴である:参15
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る